ガムで口臭予防をしよう

口臭予防には規則正しくバランスの良い食生活、そして口臭ケアが大原則です。

ケアでは毎食後歯磨きを行いブラッシングしたいところです、しかし日常生活では食後丁寧な歯磨きが出来る環境でない場合も多い。

そんな時こそガムやタブレットで口臭予防効果を得ましょう。

 

 

キシリトールガム

 

 

 

 

ガムの口臭予防効果

 

口臭が気になってもなかなかブラッシングできない環境では口臭予防スプレーなども有効ですが、ガムやタブレットを活用しましょう。

特におしゃべりや口を動かす環境にない場合はガムが一番効果が得やすく、ガムをか噛む事で唾液の分泌を促せ、唾液による殺菌効果も得られます。

 

おすすめ記事

適度なおしゃべりは口臭を抑えられる(口臭と唾液の関係)

 

 

ガムやタブレットは糖分の入っていない物で、キシリトールやビタミンCや乳酸菌入りの物を選んで下さい。

特にキシリトール入りの物であれば、虫歯予防にもなりますし初期の虫歯であれば治療効果も期待できます。

 

 

ガムと唾液の活用で口臭予防

 

ただ噛むだけでも唾液の分泌を促進させ唾液による口内菌の殺菌効果は得られます、ここでは噛んだガムを口内で有効活用する方法を2つ紹介致します。

ガムを噛み続けると味がなくなってきます、ここでガムを捨てるのでは無く次は味の無くなったガムを舌を使い丸め、丸めたガムを舌の上で転がします。

これは口内の異物がある事で唾液の分泌促進がされる効果をねらったものです。

次にガムを奥歯と頬の間に挟みます、この場所には耳下腺という唾液腺の出口があり、異物を感じると唾液が出つづける事となります。

 

 

口臭予防にはお茶と梅干しが有効

口臭予防にお茶や梅干しに効果がある事をご存知ですか?

普段自分の口臭が気になる方は梅干しや緑茶を積極的に摂取すると良いでしょう。

 

 

梅干し

 

 

 

ではなぜ口臭予防に緑茶や梅干しが良いのでしょうか?

 

 

口臭予防とお茶

 

お茶の種類には緑茶、紅茶、ウーロン茶などいろいろ存在します、このようにお茶には種類がありますが原料はすべて同じです。

何が違うのかと言えばそれぞれの加工法が違い、口臭予防効果にもそれぞれ違いが出てきます。

これら三種類のお茶には(カテキン・カフェイン・フラボノイド)などが含まれ、カテキンには体内での臭い物質生成過程でストップをかける働きがあり、かつ抗菌作用も強く、口内の雑菌を殺す効果が得られます。

フラボノイドにも消臭効果があるため、食後に飲むお茶は自然と口臭予防に強くながっています。

 

 

緑茶

 

 

 

虫歯や歯周病の口臭にはウーロン茶と紅茶

 

総合的に臭いに効果があるお茶の順番としては、緑茶>ウーロン茶>紅茶の順番に効果が得られます。

素早く口臭を消したい場合は、出がらしの茶っ葉をガムのようにもぐもぐ噛むのも良いかもしれません。

またウーロン茶や紅茶には虫歯や歯周病などから発生する口臭には一番効果が得られ、これはウーロン茶には虫歯や歯周病の菌を抑える成分が含まれているからです。

 

 

口臭予防と梅干し

 

梅干しは古来から万病に聞くと言われていました、事実梅干しの有機酸にはコレラ菌にも打ち勝ってしまうほどの効果があり、万病とまでは言いませんが殺菌作用と菌の増殖持続的に制御する作用があります。

梅干しは口臭予防にも効果があり、梅干しに含まれるクエン酸が口内の雑菌の繁殖をおさえ、唾液の連携によって口の中の雑菌は退治されていきます。

 

 

やさしい人ほど足がクサイって本当?足の裏の臭いが原因

気になる足の臭い、この人やさしいのに足がクサイなと思ったことありませんか?

やさしい人に限った事ではありませんが、一日外出して家に帰って靴を脱いだら自分の足がクサイと思う事は誰もが経験している事で、足の臭いには多くの人が悩まされています。

 

 

 

靴下臭い

 

 

 

 

足の臭いは足の裏の汗腺が多い事で臭いの原因とされています、しかしいったいなぜ足の臭いはここまでキツクなるのでしょうか、そしてなぜやさしい人は足が臭くなりやすいのか。

 

 

足の裏と常在菌の関係

 

足の裏は汗腺が集中しており、身体の中でも比較的に多く汗をかき、背中や胸の5倍~10倍の汗腺が存在しており、一日にコップ約1杯分の汗をかくとも言われています。

 

足の裏

 

 

足にかいた汗はほっておくと皮膚常在菌によって分解され、脂肪酸となり臭いを発生させていきます。

しかも足の裏は身体のどの部分よりも角質層が厚く出来ており、この表皮細胞が新陳代謝や摩擦などで剥がれる事でアカとなります。

アカは常在菌の栄養分となり繁殖していき、同時に皮膚腺からの分泌液が混じる事で余計に臭いが強くなっていきます。

 

足の環境が常在菌の活動を活発にする

 

足は長時間靴下や靴に覆われている事が多く、この場合密閉状態にあるため足の温度は上昇し、かいた汗も蒸発できずにこもっていきます。

この状態は常在菌は活動するのには最適な環境と言えます、更に蒸れる事で皮膚の角質層はよりはがれやすくなっていき、細菌の栄養素を供給し臭いの元である菌にとっては天国のような場所であると言えます。

このような事から人間の身体で最もニオイの悪循環を引き起こす場所が足であり、特に足の裏は臭い(悪臭)が最もしやすい場所なのです。

 

やさしい人は足がクサイ

 

家でくつろいでいる時はほとんど臭いがしないのに、職場など特定の場所では臭いがきつくなってしまう人はストレスからくる精神的発汗が原因の可能性があります。

周囲への日々の気遣いなどで精神的発汗をうながしてしまったり、臭いに関しては自分の足の臭いが周りに迷惑をかけていないか、気分を害していないかなど優しい心づかいやプレッシャーが自分自身へのストレスとなり、結果体臭や足の臭いになってあらわれてしまいます。

やさしい人は足がクサイとは言いますが、このような因果関係があって臭いにつながっているからと言われています。

逆を言えば体臭があまりしない事を何気に自慢している人は、よほどケアを丁寧にしているか無神経で自分勝手な人が多いのかもしれません。

 

 

 

無理なダイエットが体臭となる「ダイエット臭の原因」

無理なダイエットは身体への負担だけでなく体臭の大きな原因ともなります。

これは「ダイエット臭」とも呼ばれ体臭を増幅させていきます、ここではダイエット臭の仕組みと原因、臭いの違いや段階について見ていきましょう。

 

 

ダイエット体重計

 

 

 

 

ダイエット臭の段階

 

第一段階

食事制限のみのダイエットは体内のエネルギー源である炭水化物やたんぱく質が不足し、体が飢餓状態に陥ります。

飢餓状態になると、身を守るために蓄積していた中性脂肪を燃焼しようとするのですが、第一段階としてこの中性脂肪が臭いを放つ脂肪酸に変化し、汗と共に排出され脂肪臭として発生します。

 

第二段階

第二段階に入ると体内に酸素が充分にいきわたらないままエネルギーを不完全燃焼させてしまい、老廃物である乳酸が生成されます、乳酸はアンモニアと共に汗として排出される性質があり汗のアンモニア臭がきつくなります。

 

第三段階

空腹のまま体内の脂肪を燃焼し続けると甘酸っぱい「ケトン臭」が起ります。

ケトン体は飢餓や糖尿病などで等が不足した状態にあるとき肝臓で生成される物質です。ケトン臭は別名「飢餓臭」とも言われ、血液検査で血中にケトン体が確認されると飢餓状態であると診断されます。

体を動かさずに断食のようなダイエットを行っているとその臭いは徐々に強くなります、最初は口臭次に汗で体臭として最後は尿臭としてあらわれるようになります。

 

 

誤ったダイエットが臭いの原因

 

ダイエット臭がするというう事は、そのダイエット方法に無理があったりやり方が間違っている証拠です。

ダイエット方法も様々ですが、代謝が正常に保たれた方法でダイエットしている人からは臭いません。

ダイエットは食事制限だけでなく、有酸素運動でしっかり身体を動かし基礎代謝を高める事がダイエット臭の防止にもなります。

 

 

ダイエット臭の予防につながる食材

 

・「酢」「ショウガ」代謝を高める

・「マッシュルーム」脂肪酸を分解

・「梅干し」体液をアルカリ性に近づける

 

 

 

加齢臭予防に良い食事

年齢とともに気になる加齢臭、自分ではあまり臭いを感じてないが家族や周囲の人の反応はどうだろうか?

加齢臭は食事によってもある程度制御でき、普段の食生活を見直すことで改善されるます。

ここでは加齢臭の予防に良いとされている成分や食事を紹介。

 

 

玄米ご飯と味噌汁

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

加齢臭の元を制御「抗酸化作用」とは

 

加齢臭の元となるのはノネナールです、この対策にはノネナールが苦手とする抗酸化作用のある食事を摂取する事が望ましく、例えばビタミンCやEなどは効果があるとされています。

これは元となる活性酸素を制御し、活性酸素を退治する働きを「抗酸化作用」といいます。

 

 

加齢臭撃退成分と食材

 

抗酸化作用に有効な成分はビタミンC、E、ポリフェノール、カロチン、カテキン、イソフラボン、セサミノールなどがあげられます。

 

ビタミンE

 

特にビタミンEは若返りビタミンなどとも言われており、油分などの酸化を防ぎ老化には欠かせないビタミンとなります。

ビタミンEはビタミンCと一緒に摂る事で抗酸化作用を高めより効果が得られる。

 

{野菜}アスパラ・アボガド・かぼちゃ・さつまいも・たけのこ・ニラ・ほうれん草・春菊・大根葉

 

{魚介類}カレイ・ウナギ・サンマ・ししゃも・イクラ・ブリ・ホタテ・マグロ

 

{フルーツ}キウイ・ブルーベリー・プレーン

 

{その他}玄米・胚芽米・アーモンド・ピーナッツ・菜種油

 

 

ビタミンC

 

ビタミンCにも強い抗酸化作用があり、加齢臭防止には欠かせない栄養素です。

またビタミンCには血管や骨などを強くする作用や、白血球の働きを強め免疫力高めると言った作用もあります。

ビタミンCは食べるだけではなく、外からの刺激も加齢臭には効果が得られ、例えばビタミンCを多く含むレモンなどの汁をタオルなどの布に染み込ませて皮膚をマッサージすると、ビタミンCの抗酸化作用が直接皮脂腺に作用し加齢臭を防ぎます。

レモン汁など直接肌につけるのは、肌に傷などあると痛みを伴ったりする可能性があるので、ビタミンCを多く含んだ専用のクリームなどを使用する方が実用的。

 

{野菜}パセリ・ブロッコリー・芽キャベツ・ししとう・ピーマン・ほうれん草・さやえんどう・ちんげん菜・わけぎ・葉ねぎ・ニラ・トマト

 

{フルーツ}キウイ・イチゴ・アセロラ・ネーブル・レモン・オレンジ・グレープフルーツ・みかん・プリンスメロン

 

レモン

 

 

 

 

 

 

 

その他成分

 

ポリフェノール(赤ワイン・チョコレート)

ベータカロチン(にんじん)

カテキン(緑茶)

イソフラボン(大豆)

セサミノール(ごま)